05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

大河の住処

引き篭もり読書好きゲーマーの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

今後は

大河の住処、こっちに移転しまーす。
http://blog.livedoor.jp/ogataku444/

よろしくね。
スポンサーサイト

category: その他

[edit]

page top△

M3とTeNQと

はい、お久しぶりの大河です。

更新を放置していた間にも東京ディズニーリゾート行ったり私事で色々あったりスマブラ発売してたりVita買ったり艦これ夏イベントクソほど苦戦してたりと記事書けるような出来事はそりゃあもう沢山あったのですが、そこらへんはだいたいTwitterに書き殴ってありますのでそちらをご参考の程に。



で、本日は何をと言いますと、
10月26日に開催されていたと噂の秋M3行ってきました!
という話です。
M3だけでなく他にも多少施設巡ったりしていたのですがそのへんは追々。

M3というのは、要するに「音系オンリー即売会」です。同人CDばっかり置いてあると思えば間違いないです。
基本的に「同人」というと、薄い本こと同人誌を真っ先に思い浮かべるでしょうが、同人というのは同士が集うといった感じの意味ですので、同じ志を持つ人たちが集まって音楽作ればそれは同人です。

というわけで購入したCD一覧がこちらになります。


byibyibyubyuvyubvyu

若干上が見切れてるとか言うな。


紹介していきますと、左上から順に

pluginpsyche 「魔女の猫が白い。」
http://pluginpsyche.org/blog/

Callionet 「Albus」
http://callionet.com/

Qrabit Sounds 「Obverse/Reverse」
http://qrabit.tumblr.com/

Astral Sky 「Pieces of a Dream」
http://uma0002.tumblr.com/

ピクセルビー 「繰り返す風景、新しい景色」
http://www.pixelbee.jp/index.html

STRLabel + THB 「Super Elepi Brothers」
http://str3.org/

Digital Logics 「Silhouette」
http://digitallogics.net/

U/M/A/A(企業エリア) 「有象無象」
http://www.umaa.net/

≒30 「lost in thought」
http://lasah-sound.com/

HIGE DRIVE 「CHIP!」
http://higedriver.com/

Hagall × - Sohmatoa - 「廃ラキトゥスの祈灯」
http://hagall.hacca.jp/

Team Grimoire 「Grimoire of Blue」
https://soundcloud.com/team-grimoire

Lilium Records 「Lilium X1」
http://lilium-rec.com/

AlphaVersion Records 「Intricate」
http://alphaversion.tv/

SKETCH UP! Rec. 「秋奏色フルコース」
http://binzo.co/

Diverse System 「fig.1: veil」
http://diverse.jp/

J-NERATION 「J-NERATION」
http://3t1a.net/

C.H.S 「deposition e.p.2」
http://c-h-s.me/

Ez9-easy nine- 「will o' the whispers」
http://xize-ez9.info/

AcuticNotes 「I/K INTERCEPTION KNOWS」
http://acutic.net/


という感じになっております。良さしかない。
自重に自重を重ねた結果、元々の予定よりだいぶ少なくなりました(これでも)。
個人的に最高だったのはAcuticNotesとC.H.Sです。いつも通りとも言う。







とまぁ、M3はそんなところで次。

同じくM3に一般参加していたフォロワーさんと飯食ったりしまして、
その後に友人と合流して何処へ向かったかと言いますと。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)だぁい!
http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/

「宇宙を感動する」
というコンセプトで完成した施設らしく、これが非常に良かった。
とりあえず何が良いのか……を説明する前に、ここ、女の子とデートとか行くのめっちゃいいんじゃないですかねと思いました。その辺も含め書いていきますけれど。ちなみに俺は男友達とだったんでアレですけど。

2014年つまり今年の7月にできたばかりの施設らしく、さてどうなのかしらと期待しながらチケット片手に突入したわけですが、まずいきなり心折れたのは、入場して即やってくるトンネルです。『心をリセットし次への期待を高める』とか何とか紹介文には書いてありますが、何がアレかって設計が実に上手い。
トンネルの広さが二人横並びに歩いてちょうど良い、というか三人は無理だから二人横並びになるしかない。で、いい塩梅に暗くて雰囲気あるBGMだから「カップルで手繋いで歩きなよ」という製作者の意図を感じます
爆発しろ。
続く大部屋では、5分ほどのプロジェクションマッピングを至近距離で見ることができます。プロジェクションマッピングを実際に見ること自体が初めてだったので、普通にテンション上がりました。前のカップルが手繋いでたので少々イラッとしました。
爆発しろ。
そして大本命、シアター宙(ソラ)です。直径11メートルもの「穴が開いた」独特な空間となっております。普通こういった宇宙ミュージアムで映像を見るとなると、椅子に座って上を見るものがほとんどだと思うのですが、TeNQは大穴を「囲み、覗き込む」独自のスタイルが採用されているとのことで、10分ほどの映像がとても短く感じられました。映される星々、流れていく様子を眺めるうちに身を乗り出しそうになっている自分に気付く。果てへ果てへと宇宙空間を旅するような映像に、魅了されていたのです。
爆発しろ。
サイエンスコーナーとイマジネーションコーナーも普通に面白かったです。カップルがたくさんいました。
爆発しろ。
全体的に薄暗い感じなのと雰囲気あるので、こう、とてもカップルのデートによろしいんじゃないでしょうかと思いました。それを証明するかのようにカップルがたくさんいたので僕たちは男二人で楽しんでいました。
爆発しろ。

だんだん辛くなってくるのでTeNQはこれくらいで充分ですよね。
許して下さい。



あとはいつものように秋葉原レジャ2で友人とDDRなりボルテなりをプレイし帰宅となります。
楽しかったです。





で、今回のオチ。

M3終わって数日後に別の友人からメールがきまして。
「この曲すげぇいいから聴いてみなよ!」
確かにすげぇ良かったんですよ。
そうしたら、こんな記載が。

『M3第1展示場○○でCD売ってますので是非』

「お前何故3日前にこれを気付かなかった……!」
と悲しみに暮れた大河さんでした。


おしまい。






近いうちにまた更新するよー。

category: 趣味

[edit]

page top△

真・BDFSプレイ日記~hard殿堂入りを夢に見て~_00(決意表明編)

ご無沙汰してます大河です。


本日7月28日、BRAVELY SECONDの公式サイトが公開されてましたね。
http://www.jp.square-enix.com/second/
法王様となったアニエスちゃんがすごい可愛くてイラスト見てからしばらく悶えてました。
あの法衣姿だけでこれから1年は戦える。

BRAVELYシリーズは衣装が話題になるゲーム
(彼の変態紳士姿を思い出しながら)

マグノリアさんのジョブ姿もお披露目。”あの”時魔道士さえもカッコ良く見えてしまうので、マグノリアさんはイケメンということで是非ともよろしくお願いします。何もかも凛々しい。

ますます期待が高まります。即購入の他に選択肢はないな。





……さて。
以前、私は「殿堂入りを目指すBRAVELY DEFAULT For the Sequel縛りプレイ日記」みたいなものを書いていたのですが、SECONDの情報公開と、4章までの体験版配信とかいろいろと話題が降ってきているところで、ふと思ってしまったのです。

「あれ?俺ってeasyで殿堂入りした後何もしてないよな?」

というわけで本日の話題は、hardで縛りプレイ、始めるよ!!!です。
前のときも「アビリンク不使用」「フレンド召喚不使用」など多少条件を付けていましたが、まぁ何というか、早く殿堂入りしたいが為に多少楽をしていた部分もありました。なので、今回は条件を割ときつめにして、尚且つ難易度hardで精神力を養いつつ、頑張っていこうと。

プレイ条件はこちら。
・エンカウントなし(殿堂入り条件)
・引継ぎなし(殿堂入り条件)
・難易度hard
・特典武器なし
・アチーブメントなし
・アビリンクなし
・フレンド召喚なし
・SPドリンクなし
・ノルエンデ村装備なし(必殺技関連アイテム関連は使用可)
 ※極力活用しない方針で
・強敵なし

できる限り自分たちの力だけで頑張ろうとすると、こんな感じになりました。
敵(ボス)を撃破して入手できる経験値等はそのまま入手、アイテムは拾えるもの盗めるもの購入できるものなら幾らでも活用可。上で示したした通り、ノルエンデ村は武器防具といった装備は使用不可、他は一応利用可能ということにしておきます。書いた通り、できるだけ使わないつもりではいますが、どうしたって「装備整えないと無理だろ」とか「必殺技重ねていかないと不可能だわ」っていう場面が出てくると思うので。(easy攻略時ですらあった)
ただ、本当に必要に駆られたときしかノルエンデ村は使わないので、使った場合は日記内に記録します。攻撃アイテム屋とか全力活用すれば正直めちゃくちゃ強いし。


で、考えてみたわけですが、適当な育成でもどうにかなったのはeasy故
hardで殿堂入りを目指すとなると、どのアビリティを取得するか、について計画練りながら進めないと途中で詰むなコレ、と思いましたので、その辺の計画については攻略中にじわじわと。

そんな思いを書き殴ったのでした。
心が折れなければ来週くらいに始まるはずです。真終章終わるまでどれくらい掛かるかな……。

ではまたそのうちに。
大河でした!

category: 趣味

[edit]

page top△

くのちゃん可愛かった(小並感)

本日も大河です。

7月12日から13日(正確には11日午後~14日早朝)にかけて、関東にお出掛けしてきました。
何故か。
「秘密結社ズヴィズダー戦闘員決起集会」
に参加してきたからなのだ!!

詳細はアニメ公式サイトより(以下リンク)
http://www.sekaiseifuku-zzz.com/

実は私、人生で初めてアニメのBDを買い揃えておりまして。
それがこの作品なわけでして。
2巻購入時に、上記イベントの優先購入権みたいなのがあったので、「折角だからチャレンジしてみるか~」と応募してみたら、見事に当選してしまいまして。
そこまで声優さんに興味あるわけでもないのに、イベント参加が決まったわけです。

で、まぁ、折角なので、普段はしない観光なんかもしつつ、土日で多少有名所を回ってこようかなと、そういうお話が、今回の記事となります。


さて移動手段なのですが。
田舎も田舎に住んでいることもあり、基本夜行バスを利用しているのですけれども、今回は自家用車使って下道をずっと行くという手段を選択しました。行きはともかく、問題は帰り道。アニメイベントは13日夜ということもあり、イベントで体力とテンションを使い切ったところからの電車、そして車に辿り着いてから7時間の運転のち帰宅という流れになります。
もしかしなくとも馬鹿ですね。


その辺りは追々記述するとして。

一先ずは、イベント前日、何をしていたかという内容です。

7月12日。めちゃくちゃ暑い日。
横浜で遊んでました。
とりあえず横浜中華街
写真の一枚や二枚ないのか、ということについては、割かし食ったり飲んだりで遊び回ってた上、あまりの暑さに耐え切れず昼間から酒を投入していたので、酔いも加わって今確認したら食事の写真くらいしかありませんでした。泣ける。
一応こちら。
vnoaeivjaopwea
四川風麻婆豆腐辛かったです。舌が痛い。
他にもいろいろ買い食いとかしてたんだけどなぁ……。

あとは山下公園からの赤レンガ倉庫
こんなんとか、
vnaioghaoiegnilnasvdiao;a

こんなんとか。
gsddgadfvdafcav

「あっ、これ、まじこいで見たことある!」
※18歳未満の方はまじこいで検索しないように
※いわゆるエロゲです


あとは、夜に秋葉原行ってレジャ2寄ってきたくらいですかね。
DDRが人気すぎて笑った。あんな並んでるの他店舗じゃ見れないですね……。



では13日。
昨日よりは天気が落ち着いていた日、早朝より秋葉原にいました。
午前中および昼過ぎくらいまでは、個人的な用事を済ませていたり、ちょっとした顔合わせという感じで、初めてお会いした方と一緒にいろいろお店回ってたりしてました。
すべての写真を撮っていたわけではないのですが、一部記録が残っていたのでそれを載せつつ。

とりあえず人もまばらな朝。柳森神社に立ち寄ってきました。
miofawevoiaueriv

科学ADVシリーズ第2弾、シュタインズゲートに出てくる柳林神社。
建物のモデルは、別の場所にある秋葉神社ですが、こちらは名前の由来になっているらしいとかなんとか、そんなことをどこかで聞いた。

vnioaenionvfaoeinfga
思いっきり逆光で撮ってるからなんとなく神秘的。
周囲から下がった位置にあるので、面白い作りしてるなーと思いながら拝んできました。

あと猫。
acsdcadvcavacax
入り口に猫がいました。
近付いても警戒する素振りすら見せません。人馴れしすぎだろお前。

続いては有料トイレ
tilet

トイレ使うのに100円掛かるけど、めっちゃいい環境ですよ!みたいな。
案内の人がいる時点で「なんか違う……!」と思わせる何かがありましたが、まぁ、興味全部で使ってみた感想としては、有料だしあのくらいはな、ってところですかね。というか利用者いるのかしら。

で、コトブキヤ行って余計な物買ったりとか。
あとはツイッターのフォロワーさんと昼前にお会いしまして、ミリタリー関連の店案内してもらったり、ガチャポン会館連れてってもらったり、らしんばん回ったりしてました。
その辺は写真なかったので言葉でだけ。
秋葉原で立ち寄ってたのはとらのあなやメロンブックス等同人関連ばっかりだったので、ああいったサバゲ用のモデルガン売ってたりパーツ売ってたりする店は新鮮で、けっこうテンション上がりました。グレネードの仕様とかどうなってるか教えてもらったり。爆発物は散弾みたいな感じなんですね。しかし値段やべえな。
4万とか5万とかするようなやつ平気で置いてて、とんでもねぇ世界だと思いました。グレネードも勘違いじゃなけりゃ1つ1万円近かったし。
ガチャポン会館およびらしんばんでは、「懐かしいなこういうの」ってばっかり言ってた気がします。俺が弟へのお土産を確保する中、その方はガチャポン出てこない症状に悩まされつつ、店員さんに直してもらって、結果シークレット引き当ててました。
運が悪いんだか良いんだか分からんね!

飯はそこらで麺食べてました。
ra--mennn
細いの美味しかったです。
貴重なお時間いただきまして、ありがとうございました!(とここにも書いておく)



というわけで、ここまで書いてきたわけですが。
本来の目的はここからです。

会場はニッショーホールでしたので、虎ノ門まで向かいそこから徒歩。イベント開始は17時(入場は16時)からですが、物販というものがあってだな、そこは頑張らないとな。
物販開始は13時半です。
ちなみに到着時点で14時を過ぎています。
凄い……大河さんそれで何か買う気でいやがる……!

実際のところは余裕で、お菓子以外は何でも買えました。
うどまんじゅうやその他菓子は物販開始から15~20分程度で完売、もとい征服完了だったようで、結局はもっと遅くに到着しても問題なかったわけでした。まぁいいけど。
というわけで購入した品々が――
ncviaeniokiiiiakak
こちら。

内訳としては、
・パンフレット
・ペンライト
・キーホルダー×2
・世界征服~謀略のズヴィズダー~BD4巻
ですね。

いくら飛ばしたのか考えたくもありません。というか、本来ならせいぜいペンライトくらいで、あまり購入するつもりも無かったのですが、「4000円以上購入でおまけ付き」とか「BD購入でポスタープレゼント」とか、そういうのあるとどうしようもなく手が伸びるタイプのオタクです。どうしようもないね!

で。
BD購入(および予約)3000円ごとに1枚ポスタープレゼントだったわけですが、くじを引かされまして。どうやら6枚ほど直筆サイン入りポスターがあるらしく、当選したらもらえるそうなんですよ。

直筆サイン入りポスター1枚当たりました。

「おめでとうございます!」って言われたんだけど、あまりの困惑に「あ、ありがとうございます……?」と細々とした声でそれほど嬉しくなさそうに言ってしまったのが若干心残りです。
今更めっちゃ嬉しくなってきました!ありがとうございます!

こんな展示もありました。
eventdaaaaaaaaaaaaa

とても良い。
キーホルダー交換してもらったりしつつ、開場と同時に着席。わくわくしながら始まるのを待ちます。

内容については深く触れませんが、どう思ったかについて書いていきます。
アニメのイベントに参加するのは初めて、どころかBD買い揃えるのも初めてで、あまり行く気もなく、たまたま当選してしまったからという後ろ向きな理由で始まった今回の旅でしたが、イベントが終わったとき、「久野ちゃーん!」と叫んでいた私がいました。
基本的に声優さんに興味もなく、作品そのもの以外はどうでもよいと思っていましたし、その考え自体は変わるものでもありませんが、そんな私でも2時間半があっという間だったと感じられるほどに、楽しかったです。会場の一体感や、もちろん台本はあるのだとしても、声優さんたちの生のやり取りがすぐ近くで行われていて、一言一言を聞き、笑い、ときには一緒に声を出していることが、非常に心地好かったのです。
なかなか参加する機会は作れないでしょうし、帰り道に聞いた「他のイベントに比べれば小規模だしお遊戯会みたいなもん」という意見も当然あるでしょうが、それでも、私はとても楽しめましたし、偶然が重なった結果だとしても、決起集会に行けたことが幸せだと思っています。
最後、出演者の皆さんから一言をいただいたとき、久野美咲さんが語った言葉にうるっときてしまったりもしました。
疑いようもなく、最高のひと時でした。

と、まぁ、上手くまとめられませんが、そんなんです。
イベントの様子はBD&DVD第7巻に収録されるという話だったので是非。


幸福に包まれつつ秋葉原に向かい、長い付き合いの友人とDDRやらボルテやらをし、帰宅となりまして現在。
ここにとりあえず思い出をまとめておこうと、長い文章を書き記したわけです。

あーー疲れた。
これにて旅行の話は終了です。
感動を胸に、それではまた!
大河でした!



-- 続きを読む --

category: 趣味

[edit]

page top△

山地の果てのその果てに

――鉱山師だった初代が鉱脈を求めて山々を渡り歩いていると、たまたまこの地へやって来た。
すると露天風呂に髪の長い女性が湯浴みしているではないか。
こんな山奥で女が湯浴みとはと驚き、おそるおそる近づけば、なんと、赤ん坊を抱いた恐ろしい形相の山姥であった。
思わず逃げ腰になると、山姥は「そんな因果な山師などやめて、この湯の湯守にならんかい」と云い残し、赤ん坊もろともどこかへ消えてしまったという。
それ以来、この湯を姥湯と名づけ、現在に至る――



本日も大河です 。
冒頭からどうした、って感じの伝承は、米沢の山奥にある温泉、姥湯(うばゆ)に伝わるものだそうです。

というわけで、今回の話題は、
IMAG0205_1.jpg
「姥湯に行ってきました!」
です。無理やり友人連れて。

写真は、姥湯温泉の宿、「姥湯温泉 桝形屋」でございます。
以下紹介文より抜粋。


=====

姥湯温泉 桝形屋は、吾妻連峰の北側、標高1300Mの奥深い谷間に位置し、南画世界を思わせる奇岩怪岩が聳え立つ絶壁に三方を囲まれております。
桝形屋の背後にはコメツガ・ブナ・ダケカンバなどの原生林時折カモシカが姿を見せるといった仙境の中に宿を構えております。
姥湯温泉のそのすぐれた景観は山形県内の温泉中第一といわれ、とくに春の新緑・秋の紅葉は見事です。
岩壁から噴き出す湯口は、六ヶ所。桝形屋にはそのうち一本を使い、他は川へ流れ落ちています。
宿の近くに大きな露天風呂が二つあり温度も高温です。
桝形屋の自慢は、山菜料理と野趣あふれる露天風呂で、谷川の音、鳥のさえずりをききながら
眼前にのしかかる渓谷美を仰いでの入浴は心身共に癒されます。

=====


ハイ、そういう感じです。

ちなみにここ、相当山奥にありまして、どの程度かと言いますと、最大傾斜22度の坂を上った先にあります。エンジンから焦げたような臭いがしました。
地獄かなんかか。


肝心の温泉はどうなのかと言いますと、
IMAG0200_1.jpg

こちらからの、

IMAG0203_1.jpg

こちら。
めっちゃ良かったです。

中心付近にいる植物兵器ブリオンみたいな(最新のネタ)のは人であって、決して下ネタの類ではないので悪しからず。
温泉の温度は42度だそうですが、そこまでの熱さは感じませんでした。

なんですが、こちらの湯、2種類あるっぽいんですけど、写真にもある白濁してるのは良い方で、もう片方の少し透き通ってる方はすっげぇ熱かったです。やばい。軽く火傷した。




って具合で姥湯温泉は終了。
あとついでに、峠駅なんて場所も寄ってきましたので、幾つか写真を。

IMAG0210.jpg

凄い。
古い。

中はこんな感じ。
IMAG0207.jpg


IMAG0209.jpg

なんか言葉にできない臨場感というか、そういうものが感じられたり。


IMAG0206.jpg

こんな散策ルート案内もありました。
あの距離と傾斜、誰が歩くんだ。


で、峠の茶屋で一休み入れつつ――

IMAG0212.jpg

餅を食らう。
IMAG0214.jpg

割と有名ですね、「峠の力餅」ってやつです。


茶屋のお姉さん「お水はセルフサービスです」
俺「どっから貰えば?」
お姉さん「あちらからになります」
IMAG0213.jpg
俺「」




一休みを終えた後、また崖もすぐそこの山道を無事下りて帰ってきたわけです。
お疲れ様でした。
全身から硫黄の匂いが漂っているのが温泉帰りっぽくて良い。

もう道としては慣れたので、またなんとか時間を見つけて、滑川温泉とか五色温泉とかにも行ってきたいですね。正直なところを言うと、立ち寄りで温泉入るよりか、旅館に泊まってきたいとは思う。



と、そんなところで本日は終了。
大河でした。

category: その他

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。